浪費家は残念ながら結婚できない

結婚したい時に取るべきではない行動は、ずばり「浪費」だと思います。男女問わず、お金の使い方に問題のある人は敬遠されます。自分ではこれくらいいいだろう、誰も見ていないし、などと思っていても、案外世間というものは人の行動をよく見ているものです。

 
それに、結婚を考えている相手がすでにいる場合、日常のあらゆることにお金をかけていたら「この人の金銭感覚、大丈夫かな」と不安を抱かせることになりかねません。もちろん金銭感覚は人によって違うので、一概には言えませんが、少なくとも生活にコストをかけすぎ、貯金が全くできない状態などというのは避けるべきだと思います。結婚はもちろんそれ自体がゴールではなく、将来にわたっての生活を考えていかなければいけないものです。

 
結婚する前から浪費などしてしまっては、計画性がない、刹那的な人だという印象を相手にもたれてしまいます。あまりケチすぎるのも良くありませんが、普段の生活はきちんと質素に暮らし、ここぞという時だけ(記念日など)にお金をかける、というスタイルなら、相手に安心感を抱かせることができると思います。

 
それに限られた予算内できちんとやり繰りできる人というのは、賢い人に見られるという利点もあります。
浪費をして、どこか投げやりな印象を周囲に与えるより、常識的なお金の使い方をする方が信頼が得られます。